簡単!LINE公式アカウントリッチメニューの作成方法

[voice icon=”https://think-and-use.com/wp-content/uploads/2019/12/ココナラ用2.jpg” name=”MAYUKO” type=”l line”] LINE公式アカウントのリッチメニューの作成が
より簡単にできるようになりました!
[/voice] [box class=”yellow_box” title=”今までの機能”] ・リッチメニューの画像のサイズを
細かく合わせながら
作成しなければならない
・時間と手間がかかる[/box] [box class=”green_box” title=”変更になった機能”] ・写真を作成画面でアップロードできる
・ドラッグするだけで写真が挿入できる
・写真上にテキスト入力ができる[/box]

 

リッチメニューの作成方法

[box class=”green_box” title=”手順①” type=”simple”] 「ホーム」左側の「リッチメニュー」
を押します[/box] [box class=”green_box” title=”手順②” type=”simple”] 「ホーム」右側の「作成」
を押します[/box]

【コンテンツ設定画面に変わります】

[box class=”green_box” title=”手順③” type=”simple”] 「テンプレートを選択」を押します[/box]

 


 

【テンプレート選択画面に変わります】

[box class=”green_box” title=”手順④” type=”simple”] 「テンプレートを選択」を押します。
LINE内で案内したいURLの数の
テンプレートを選びます。[/box]

 

【自動的にコンテンツ設定画面へ戻ります】

[box class=”green_box” title=”手順⑤” type=”simple”] 「画像を作成」を押します。[/box]

【画像作成画面】

[box class=”green_box” title=”手順⑥” type=”simple”] 灰色の部分の画像を作成します。
画面右下の描画ツールを使い
写真とテキストを挿入しましょう。
写真アップロードは写真マークを
クリックします。
文字を入れたい場合は「T ]を押すと
入力できます。

左側の画像も同じように
作成しましょう。[/box]

[box class=”green_box” title=”手順⑦” type=”simple”] ファイルに保存」し「適用」を押します[/box]

 

適用すると元の画面に戻り
入力した画像が表示されます。

【表示の設定をする】

[box class=”green_box” title=”手順⑧” type=”simple”] 表示設定をしていきましょう。
「タイトル」を入力します。
このタイトルは閲覧側には見えません。
管理をするために分かるタイトルを設定します。[/box] [box class=”green_box” title=”手順⑨” type=”simple”] 表示期間を設定しましょう。
時間の入力も必要です。
入力した日から自動的に表示がされる
ようになります。[/box]

 

最後にアクション画面を入力します。

[box class=”green_box” title=”手順⑩” type=”simple”] アクションAでリンクを選択し
リンク先のURLを入力します。

「アクションラベル」は閲覧側には
表示されません。
管理用としてURLが何のURLなのか
分かりやすいように設定します。
ex)アクションAがホームページのURLなら
「HP」という風に自分が分かればOK。

アクションBも同様に入力しましょう。[/box] [box class=”green_box” title=”⑪” type=”simple”] 「保存」を押したら完了です!
設定した日にちから自動的に
表示がされるようになります。[/box]

 

 

コメントは受け付けていません。