商品づくりでターゲットを具体的にしぼる理由

ターゲットはなぜ具体的に絞る必要があるのか?

副業や起業セミナーに行くと
必ずこう言われたことがありませんか?

「ペルソナを作りましょう!」
「ターゲットを絞りましょう!」

ペルソナとは何かというと
商品を購入する具体的なお客様像です。

どんなお客様が
何に困り、どうなりたくて
商品を購入するのか?
購入してくださるお客様を
より具体的に設定するというのが
ペルソナ設定です。

ターゲットというのは
商品を購入してくれる層です。

まずは大まかにターゲットを絞り
その後、具体的にペルソナを
設定していきます。

なぜターゲットやペルソナが
なかなか決まらないか?というと
どちらも理屈は分かっていても
実際に作るとなると
考えすぎてしまい
なかなか決まらないとなりがちです。

ではどうやってターゲットを
絞っていけばいいでしょうか?
ターゲットを絞るメリットと
その絞りかたをご紹介します。

ターゲットを具体的に絞るメリット

ターゲットがなぜなかなか決まらないか?
というと一般的に思いつくことが
優先されてしまうことに原因があります。

たとえばオリジナルの
ナチュラル化粧品を
販売したいという場合
あなただったらどんなターゲットが
思いつくでしょうか?

一般的に思いつくターゲット
・40代から50代
・シミやしわが気になりだしている
・肌が綺麗になりたい
・無添加にこだわる女性

このような美肌にこだわる50代女性と
言ったならば、ほとんどの女性が
該当してくるのではないでしょうか。

もしこのようなターゲット設定をすると
美肌になれるのであれば
あなたの商品でなくても
どの化粧品でもいいということになります。

 ターゲットやお客様の特徴が絞れてくると
商品のメリットや特徴がより効果的に
お客様に伝わりやすくなる 
ということですね。

ターゲットやペルソナがなかなか
絞れない原因は
一般的に思いつくことが
優先されてしまうからです。

例えば
この化粧品に購入してくださるお客様は
いつも終電まで働いて
化粧がおとせずに寝てしまう
30代の女性

このように絞ったほうが
商品のご案内をするときに
グッとラクになりますね!

マンツーマンコースは
商品を作りWEBサイトを一緒に構築して
いきます。
ご希望のかたは無料相談(60分)を承ります。
まずは、あなたが今、困っていることや
やりたいことを聞かせてください。
どのようにそれを商品にしていけばいいか?
ご提案いたします。
ビジネススターターコースをご希望の
お客様も無料相談を承ります。

【無料相談日程】
https://thinkusefreeform.jimdofree.com/